成人の日に思ったこと。

ネットで予約して、何気なく美容院に行きました。髪の毛を編み込みしていたり、アップにしていたり、そういえば成人の日が近いんだったと思いました。成人式が各地であるようです。

色とりどりの晴れ着に身を包み、真新しいスーツを着こなして新成人達は大人としての第一歩を踏み出すんですね。平成最後の成人式ですね。成人の日は、「大人になったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝い励ます日」です。大人の自覚を持って明るく笑顔で生きていって欲しいです。

しかし、民法が後に変わって18才成人になるようですね。該当者アンケートによると7割くらいが20才成人がいいと答えています。18才では受験に引っ掛かるし、お金も必要なのにまだ働いていないとか、酒もタバコも20才からなのに大人といわれても、という意見が多いらしいです。成人式は各市町村に任せるということなので、18才成人式になるのか、20才成人式になるのかこれから検討となるらしいです。

自分の成人式はどうだったかと思い出します。朝早く起きて美容院に行って髪をセットして着付けして、忙しくて大変でした。久しぶりに同窓会して楽しかったことは覚えています。大人になったら年をとるのは早いですよ。20才皆さん、自分のやりたいことを悔いなく頑張って下さい。