30年以上経って尚輝く映画作品ってどれだけあるだろうか?

宮崎駿の「風の谷のナウシカ」が3年ぶり17回目ののテレビ放映で平均視聴率12.7%を獲得したらしい。報道によるとこの作品は1984年のもの。うわぁ~30年以上前だ。

ストーリーの設定が文明が滅んで更に1000年後の話だから何年経っても時代を意識せずに済むというのもあるし、実写ではなくアニメなので出演俳優陣の顔ぶれで時代を感じさせることもない。それにしてもそんなに古い映画だったのかと改めて驚いてしまった。

自分にとってもジブリ初体験の映画で、なおかつ「天空の城ラピュタ」に並ぶ自己ベスト作品。ナウシカのような女性が理想になってしまった。

CG全盛で3Dやら高画質になった最近の映画の大半は30年後生き残っているのかしら?そんなことを考えてしまったニュースでした。