九州地方の冬は素晴らしい・・でも夏は地獄の予感

最近、北陸地方から九州地方へ引っ越しをしてきました。

雪が無いとは聞いていましたが、1月だというのに・・本当に雪が無かった!

寒波が来た時は、ちらちらと降るんですが、北陸地方とは大違い。

今までの、この時期は降り積もった大雪と数時間ごとに格闘してましたが、何もしなくても雪が溶けてる幸せ。

北陸地方から車に装着してきたスタッドレスタイヤが要らないんじゃ・・と思うほどの、毎日です。

北陸地方でも、雪が降らずに快晴の日はあるんですが、外に洗濯物を干すと寒さでパリパリになります。

乾いたというより、凍ってます。

それに比べ、九州地方は暖かい。

昼間の外の気温が10度以上あって、洗濯物も凍らずに乾くし、厚着をしなくても出歩けます。

着膨れを気にせず、薄着でも大丈夫なぐらいに。

ただ、心配なことが一つ・・。

冬がこんなに暖かいなら、夏場はどれだけ暑いんだろう・・ということです。

暑さは苦手なんで、厳しい夏になりそうです。