ママ友とランチ会

昨日はママ友とランチに行ってきました。
場所は新しくオープンしたばかりの星乃珈琲です!

オープンしたてということでいつもお店の前を通ると車が満車状態!予約してから行くことにしたのですが、あいにく予約は受け付けていないということでした。
店員さんに平日の一番混む時間帯を教えてもらい、11時くらいからランチのお客さんで込み合うとのことだったので、10時45分頃に着くように出かけました。
大人6名、子供が2名という大所帯ひとつのテーブルに座れるかなという不安を胸に出発しました。

お店の前に着くと駐車場はすでに満車状態でした。残り2台でぎりぎり停めることができました。
店内に入ると珈琲のいい香り。予定どうり11時前に着いたので、モーニングセットを注文しました。フレンチトーストと珈琲とゆでたまごとプチサラダがついて600円です。お安いです!
それから、11時を回ったのでグランドメニューを注文できるようになりました。
全員のお目当てだったスフレパンケーキをみんなでシェアして注文しました。

パンケーキができあがって、テーブルに運ばれてきた瞬間、みんなの歓声が上がりました!
家で焼くパンケーキとは比べ物にならないふっくらとした厚みがあり、ナイフで切るとシフォンケーキのようでした。
みんなの笑顔が本当に輝いていました(笑)

モーニングセットを食べていたけどみんなぺろりと食べてしまいました。
子供の話をしたり、夫婦の話をしたり、とても楽しい時間を過ごせました。
また近いうちにママ友ランチ会、開催が楽しみです!

大嫌いな作文と娘。

先日いつものように帰宅した娘から、「ママと私にとってすごくいいことがありました」とラインが送られて来ました。仕事の手を休めながら「なにがあったの? 」と聞いた所、なんと夏休みの作文の学年代表に選ばれたとのこと!!! とてもびっくりしました。

幼い頃から自分の気持ちを伝えたり、文章を書くのが苦手な娘。国語の読解問題でさえ点を取る事よりも文字数を削る事に余念がなく、いつも私に怒られていました。今年の夏休みの作文も、書けない書けないと泣き喚いているのを必死に宥めながら書き上げたものです。

途方もない時間を使い、出来ないやりたくないとネガティブな発言ばかりを繰り返す娘に「いい? あなたはちゃんと書こうと思えば出来るんだよ。落ち着いてめんどくさがらないでゆっくり考えて。やればできるよ」と何度も言いました。

思い起こせば娘が小学校に入学した年からずっと、こんなやり取りを繰り返していました。作文用紙を見るだけでため息をつく娘に、何度イライラした事でしょう。そんな娘もついに最上級生となり、それでも作文を嫌がっている姿にこちらがため息をつきたい気分だった今年の夏休み。

けれど、最後に大きな喜びが舞い込んできたのです。「頑張ったらちゃんと認めてもらえるんだね」と娘が送って来たラインに、思わず涙腺が緩みました。頑張ればきっと報われる! そう思う事の出来るいい経験をさせて貰ったなと思います。よく頑張りました!

丸投げ名人

ここ最近「丸なげ」という言葉を耳にする。

「丸なげ」とは?

自分でしなければならないことを、全て他人任せにすることである。

と、私は解釈する。

そうなると、私の夫はなんと丸投げ名人なのか!

結婚してかれこれ数十年、字を書く事が大嫌いな夫は

いつも私に代筆を頼むのである。

重要な書類は必ず「実筆」の項目があるにも関わらず

かなりの重要書類は「実筆」ではなく「他筆」と言っても過言ではない。

かくいう私が、それじゃあ達筆かというと、象形文字に毛が生えたようなもので

お世辞にもうまいとは言えないのだが。

私は夫にいうのである「お父さん字書くのうまいじゃない」と褒めそやかすのだが、なかなか乗ってくれない。

書類を書くのが大好きなんていう人は、そういないと思う。

今まで働いていた会社が閉鎖されてしまったので、夫は心機一転、転職を考え出した。

証明写真を撮って、履歴書作成に取り掛かった。

自分で一生懸命書いている。

ああ、今回は大丈夫か、私の出番はないだろうと思ったとたん

夫が一言「やっぱ、書いてくれや」

ああそうですかあ、、

まあ、人はそれぞれ得手不得手はある。

字を書く事に関しては丸投げ名人が復活した。

普段書かないと、だんだん書く事が億劫になってくる。

いやいや、それではいけません。

脳の活性のためにも字を書かなくては。

お互いに。

暑い日には鉄博へ

今日の最高気温は35度、猛暑日になる模様。

というわけで、屋内で子供と楽しめる大宮にある鉄道博物館に行ってきました。
運転できるミニ電車に早く乗れる整理券を取るため、有給休暇中のパパと息子と蒸し暑い中を30分前から並びましたよ。
並んでいる最中の暑さ対策にウチワを持って行けば良かったー。

しかも夏休み中とはいえ平日なので、そこまでの混雑はなく、並ばなくてもそこそこの時間の整理券がもらえた模様。がっくり。

早速、新しく綺麗になったプラレールコーナーで遊び出す息子を引きずって、ミニ電車運転体験へ。
ここでさらに10分ほど並んでいる間に息子が「チッチ」…。パパがダッシュでトイレに連れて行って、何とか間に合いました。

前回時間がなく乗れなかった念願のミニ電車に最初はおそるおそるだった息子も次第にハイテンションに。私は後ろから動画撮影しました。

その後は車両展示スペースへ。運転席に入れる電車が何台かあって、パパがすかさず一眼レフで撮影。

ジオラマを20分ほど見ていたら、転車台の回転が始まり2階から見学。
警笛の音が怖いと言って、耳をふさぐ息子が可愛かったです。

ランチタイムは新幹線ラウンジで本物の電車が走って行くのを見ながら、コンビニで買って来たオニギリをパクパク。

館内のレストランやお弁当販売は結構高いので、これが1番安上がりなのです。
ちなみにハンバーガー等を売るファーストフード店もできていました。

腹ごなしがすんだら、1人1枚の整理券配布で3人乗れるので、もう1枚もらっていた整理券でミニ電車にまた乗って、プラレールで遊んで、無料のミニ新幹線に乗って、お土産を買って帰路につきました。

男の子なら一度は来るであろう鉄博。年齢ごとに楽しめるものが増えて、うちは毎年くることになりそうです。