ウイスキーの基礎知識とは、、、

ウイスキーはシブい大人のイメージがあり、ハードルの高いお酒だと思っている人も多いと思います。ウイスキーの基本的な知識などをご紹介します。ぜひ、自宅などでウィスキーの魅力を発見してください。

ウィスキーとは

スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本の5カ国が世界的なウイスキー生産国として知られており、「5大ウイスキー」と呼ばれています。 国によって原料や製法、熟年年数などが定められていますが、一般には「穀類を原料とし、糖化、発酵のあとに蒸留をおこない、木製の樽で貯蔵熟成させてできたお酒」と定義されています。

ウイスキーにはたくさんの種類がありますが、それぞれ異なった特徴を持っており、本来の味を活かした飲み方があるんです。飲み方によってアルコール度数が調整できるから、自分好みのスタイルで楽しむこともできます。ウイスキーは水を加えることによって、温度はもちろん味や香りも全く異なるものになります。

また、ソーダやジュースなど、お好みの飲み物でも割ることができるので、無限に楽しめることができるのもウイスキーの魅力のひとつであります。

ウィスキーは長持ちするお酒

ウィスキーは非常に長持ちするお酒です。早めに飲み切るに越した事はありませんが、開封しても数年くらいは持ちます。あまり多く飲まない方でも、数年かけてゆっくり、飲みたい時に飲んでいいのです。なお、保管に際しては日光の当たらない、涼しい場所に保管して下さい。

お酒は紫外線に弱いものなのです。そして、ウィスキーは開栓当初から徐々に味が変わってきます。アルコールの揮発によるものもあるでしょうが、味がこなれてくると言われます。

初めは口当たりが強いと思う物でも、徐々にマイルドになり、やがてとてもおいしいと思う瞬間が来る事もあります。一度飲んでおいしいと思えなくても、しばらくしてからまた試してみましょう。

学生時代からの友達がママ友に

久しぶりに中学のときからの友達と遊びました。

お互い結婚して子供もいるので、色々子供の事で相談したり色々聞いたりしていて今ではママ友のようになっているので、すごく居心地がいいです。

新たに人間関係を築いていくのは苦手なので子供の幼稚園のママ友さんとはプライベートで遊んだりはした事があまりなく会った時に話したり幼稚園の帰りに少し公園に行くくらいの中なので、こうやってガッツリ昔から知っている人と会って子供の話しが出来るのは楽しかったです。

子供の話し中心にはなっちゃうけど、お互いの昔の話しとか学生の時の話しとかも出来るので話す内容がありすぎて毎回時間が経つのが早すぎる。

だいたいいつも私かその子の家で遊ぶ事が多いので子供の事もあまり気にせずにご飯したりお茶したりできるのもいい息抜きになりましたー!

やっぱ外での外食は周りに迷惑かけないように!と気にかける事の方が多いのでゆっくりは食事出来ないですもんね。

お互いの子供の年齢も近いので本当よき相談相手です。

もう少し子供が大きくなったら飲み会とかもしたいねー!とか話してて同窓会をしたいなと思いますが、やはり現実問題まだまだ時間はかかりますが、、、

いつか!絶対にしたいです!